紅葉の白川郷で恒例の放水訓練

共同通信

 世界文化遺産に登録されている岐阜県白川村の白川郷で25日、伝統の合掌造り集落の火災に備えた恒例の放水訓練が行われた。紅葉した山々を背に、高さ約30メートルまで上がった水柱が、集落のあちこちで白く輝いた。

 白川郷には大小114棟の木造家屋が軒を連ねる。かやぶき屋根で燃えやすく、地元消防団と住民は年1回、59基ある消火用放水銃の点検を兼ねて一斉放水している。

 集落を一望できる展望台には見物客が集まり、サイレンを合図に午前8時に放水が始まった。愛知県から夫婦で初めて訪れた田所千佳子さん(56)は「雪化粧と紅葉も相まって感動的な景色だった」と話した。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ