ベラルーシ、大統領退陣求めデモ

共同通信

 【モスクワ共同】ベラルーシの首都ミンスクで25日、ルカシェンコ大統領の退陣を求める抗議デモがあり、現地からの報道によると、数万人が集まった。人権擁護団体によると、デモは13の都市で行われ、治安当局により少なくとも60人が拘束された。

 反体制派の象徴的存在であるチハノフスカヤ氏がルカシェンコ氏に対し、25日までに退陣表明するよう「国民の最後通告」を突き付けており、この日は通告の最終期限。

 ルカシェンコ氏は退陣要求に応じる姿勢をみせていない。 

 治安当局はミンスク中心部の地下鉄駅を閉鎖、主要な大通りに治安部隊を配置したが、市民は隊列を組んで中心部に入った。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ