核禁止条約不参加「変わらない」

共同通信

 加藤勝信官房長官は26日の記者会見で、来年1月の発効が決まった核兵器禁止条約に、日本政府として参加しない方針を改めて示した。「わが国のアプローチと異なり、署名しない考え方は変わらない」と語った。条約の実質的な効力に関し「非核兵器国からの支持にも十分に広がりがあるのか」と疑問を呈した。

 日本の役割を巡り「核兵器国と非核兵器国との間に入る取り組みを地道に行いたい」と強調。発効後の締約国会議へのオブザーバー参加については「わが国の立場に照らし、慎重に見極める必要がある」と述べるにとどめた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ