カイコ活用の抗体検査キット開発

共同通信

 カイコからつくるタンパク質を活用し新型コロナウイルスの抗体の有無を調べる検査キットを、九州大発のベンチャー企業「KAICO」(福岡市)などが開発した。医療機関を訪れなくてもキットの送付で手軽に検査を受けることが可能で、企業や団体などを対象にサービス提供を始めた。

 九州大の日下部宜宏教授らの研究チームが新型コロナの遺伝情報を基に、カイコの体内でワクチン候補となるタンパク質の作成に成功。医療機器メーカー「プロテックス」(埼玉県和光市)と協力し、このタンパク質を使って被検者の血液と混ぜることで抗体があるかどうかを判断できるキットを開発した。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ