世界の前途左右、米大統領選迫る

共同通信

 【ワシントン共同】米共和党のトランプ大統領(74)と民主党のバイデン前副大統領(77)が争う大統領選まで27日で残り1週間となり、米国だけでなく世界の前途を左右する決戦がいよいよ迫った。未曽有の危機をもたらした新型コロナウイルスや経済再生、人種問題への対応を問われるトランプ氏の信任投票の様相で、世論調査ではバイデン氏が安定的なリードを維持。トランプ氏は追い上げに必死で、土壇場の逆転劇に望みをつなぐ。

 国民の分断深化をいとわない強い指導者をアピールするトランプ氏に対し、バイデン氏は新型コロナなどで苦しむ国民への共感を強調、対極な人柄で支持拡大を図ってきた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ