阿蘇山で再び小規模噴火 今年2回目、噴煙500m

 熊本県・阿蘇山の中岳第1火口で27日午前9時半ごろ、小規模な噴火があった。熊本地方気象台によると、噴火は13日以来で今年2回目。

 気象台によると、噴煙が火口上空約500メートルの高さまで上がった。

 阿蘇山は昨年12月から火山性微動が多くなり、噴火警戒レベルが1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げられ、火口周辺が立ち入り禁止となった。今月13日には、2011年6月以来となる小規模な噴火があった。

PR

PR

注目のテーマ