お取り寄せグルメの決定版。佐賀県の呼子萬坊から、大人の贅沢「めんたい いかしゅうまい」が新登場。

PR TIMES 株式会社 萬坊

【新商品】「いかしゅうまい」の発祥の店 呼子萬坊が、博多の有名めんたいメーカーとコラボレーション。辛くて旨い、大人のための贅沢な九州グルメ「めんたい いかしゅうまい」がこの度新発売。
呼子名物「いかしゅうまい」発祥の店である、株式会社萬坊(本社:佐賀県唐津市 代表取締役社長:太田順子)と、福さ屋株式会社(本社:福岡市博多区 代表取締役:田尻憲昭)は、新商品「めんたい いかしゅうまい」を10月30日(金)に販売開始いたします。
◆「めんたい いかしゅうまい」

メイン画面

呼子のいかしゅうまいと博多の辛子めんたい。人気の海の幸がハーモニーを奏でる、辛くて旨い新たな九州グルメが誕生しました。

◆商品概要
 思わず笑みのこぼれる美味しさで、全国のお客さまから愛される呼子萬坊の「いかしゅうまい」。そして、魚醤と唐辛子にこだわった秘伝の漬け込みたれを使用した博多の辛子めんたいの名店、福さ屋の「辛子めんたい」。九州土産を代表するこの二社がタッグを組み、まさに大人の贅沢と呼ぶに相応しい新・九州土産「めんたい いかしゅうまい」の販売を開始いたします。
ふわっと柔らかな「いかしゅうまい」に、コリコリの下足(ゲソ)の食感とキレのある辛さが加わり、お酒にも最高にマッチする商品に仕上がっています。呼子萬坊本店及び直営店、福さ屋博多駅マイング店、萬坊の通販サイト(https://www.yobuko-manbou.com/)ほか各店でも購入可能です。是非ご自宅で「手の届く大人の贅沢」をご賞味ください。
(※萬坊通販サイトのみ10月28日(水)より注文受付開始いたします)




箸上げアップ画像

蒸したてイメージカット
商品詳細
 「めんたい いかしゅうまい」は萬坊の看板商品である、「いかしゅうまい」をベースとしており、福さ屋の「辛子めんたい」をふんだんに使用して、大人に好まれる辛さと旨味を表現しました。定番のいかしゅうまいには、柔らかで甘みの強いいかの上身だけを使用していますが、この「めんたい いかしゅうまい」にはパンチのきいためんたいの辛さとの相性を考え、コリコリとした歯触りが楽しめる下足(ゲソ)部分をふんだんに使用しています。こだわりの唐辛子と魚醤から醸し出されるキレの良い辛味の後に感じるいかの濃厚な旨味で、ついもう一つ、と箸が伸びること請け合い。「真っ白ないかしゅうまい」と「辛子めんたい」で、紅白の色どりもめでたく縁起のいい商品となりました。
「呼子の名物」いかしゅうまいと「博多の味」辛子めんたいのコラボレーションによる、新しい九州グルメの誕生です。

材料集合イメージカット
辛子めんたいイメージカット
断面図

また、今回の発売に際して、クラウドファンディングを実施します。他では買えない特製・3倍辛「めんたい いかしゅうまい」や、呼子のいかの姿造り(刺身)やいかの天ぷらのセットなど様々なお礼品をご用意しています。
<マクアケURL>
https://www.makuake.com/project/yobuko-manbou/

呼子萬坊について
1983年、弊社は日本初の海に浮かぶレストラン「萬坊」を建造しました。
海中へ続く階段を下ると、まるで水族館のよう。ガラス越しに魚たちが泳ぎ回り、
天然の生け簀から活きている魚が直接厨房へと運ばれていきます。
この構造は、見た目のインパクトや、非日常感もさることながら、新鮮なおいしさを余すことなく堪能していただけるよう考えた結果、導き出した答えです。

海中レストラン萬坊外観

◆名物「いかしゅうまい」と商品開発の想い
弊社を代表する商品である「いかしゅうまい」にも、
料理人達の想いが息づいています。
いかの旨味をたっぷりと練り込み、玉ねぎ・卵・海塩の素材にもこだわった職人の味。
製造当初から手間を惜しまず一つずつ手作りで仕上げています。
それらすべてには、萬坊の想いがあります。
「お客様が口にした瞬間、思わず笑みがこぼれるような美味しさを届ける」こと。
萬坊は、これからも呼子から魅力溢れる海の恵みを発信し続け、お客様に笑顔をお届けするために、かわらぬ品質をまもりながら、日々新たな食の喜びを提案し、挑戦し続けます。

いかしゅうまい大まる・箱

株式会社 萬坊
佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦1944-1
〈代表番号〉0955-82-4888
〈公式HP〉https://www.manbou.co.jp/index.html
〈公式ツイッター〉https://twitter.com/YobukoManbou
〈公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/manbou.co.jp
〈公式インスタグラム〉https://www.instagram.com/yobukomanbou/
 

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ