みんなで踊りたくなるダンス動画「まってるし 鹿児島市」鹿児島市民も元気いっぱいに参加した観光PR動画 10月30日(金)より公開中

PR TIMES 鹿児島市

あの話題の鹿児島実業高校男子新体操部が再び登場!鹿児島育ちの歌手 AIさんがカメオ出演!爽やかで熱い演舞で鹿児島市の魅力を紹介
ユニークな演舞で人気を集める鹿児島実業高校男子新体操部が、鹿児島市民とともに踊りながら市内のみどころを巡る鹿児島市の新作観光PR動画「まってるし 鹿児島市」を10月30日(金)よりWEBにて公開します。 本動画は、鹿児島市の元気をお届けすべく、「維新dancin’鹿児島市」にも出演した鹿児島実業高等学校の男子新体操部員が今回も西郷どんに扮してダンスを披露します。更に、鹿児島市民も参加し、鹿児島実業高校男子新体操部と“ダブル主役”として出演します。食、自然、温泉、歴史などの見どころや魅力がギュッと詰め込まれた、みんなで踊りたくなる参加型ダンス動画です。
http://www.youtube.com/watch?v=YCE7Mbgd5sA




■前観光PR動画「維新 dancin’ 鹿児島市」 YouTubeコメント欄には続編を待ち望む声多数!
前観光PR動画は、「第3弾が見たい!」「次回作に期待します!」等の感想が、YouTubeコメント欄には多数寄せられました。その「維新 dancin’ 鹿児島市」も引き続きYouTube上で公開しており、「まってるし 鹿児島市」とあわせて楽しむことができます。
※但し、「まってるし鹿児島市」は、「維新 dancin’ 鹿児島市」の第3弾ではなく、新しい動画となります。

■タイトル「まってるし 鹿児島市」に込められた3つの想いとは
タイトルの「まってるし」には3つの想いを込めています。1つめは「みなさまが鹿児島市へおいでくださるのをま【待】っている」。2つめは「市民と鹿実男子新体操部が楽しく踊る(=ま【舞】っている)」。3つめは「いつの日か、コロナ禍が無事に落ち着く日をま【待】っている」。観光客のみなさまが来鹿くださるのを心待ちにする気持ちをダンスで表現しています。振付は、数々のCMやアーティストMVを担当する振付稼業air:manが手掛けており、鹿児島市の元気をお届けする動画となっています。
動画概要
・タイトル :まってるし鹿児島市
・公開日 :2020年10月30日(金)
・出演 :鹿児島市民/鹿児島実業高校男子新体操部
・動画公開先 :スペシャルムービー:https://youtu.be/YCE7Mbgd5sA
        60秒ver.:https://youtu.be/-r6oD7QEc8w
        15秒ver.:https://youtu.be/lG1ptFVhEX4
        メイキングムービー:https://youtu.be/YSQjdFoSEMI
カットシート

外出自粛の影響で観光客が減ってしまった鹿児島市に、西郷どんに扮した鹿児島実業高校男子新体操部が登場

鹿児島市民の皆さんと一緒に元気いっぱいなダンスを披露

鹿児島市の名産物である「しろくま」や「黒豚」などを紹介

歌手で鹿児島育ちのAIさん(鹿児島市ふるさと大使)も登場し、最後は鹿児島実業高校男子新体操部と市民の皆さんが集まってダンスを披露

「鹿児島は、みんなで元気に舞(待)ってます。」のメッセージの後、AIさんからのコメントや、鹿児島市観光PRキャラクター「西郷どん」から感染症対策に関するコメントが映り動画は終了
出演者インタビュー
鹿児島実業高校男子新体操部・吉留大夢主将
「市民の皆さんと一緒に踊ることの難しさと楽しさを感じた。こういう時だからこそ、一人でも多くの人に笑顔を届けられれば嬉しいです。そして、この動画をきっかけに多くの人たちに鹿児島市に来てほしいです。」

鹿児島実業高校男子新体操部・樋口靖久監督
「コロナで大会やイベントが中心になるなど、演舞を届けられる機会が減った中で、市のPR動画という場で多くの人に披露できるのが嬉しい。市民のダンスと、鹿実新体操部の演舞の“融合”が大きな見どころだと思います。」
撮影の裏側

メイキング動画では、鹿児島実業高校男子新体操部員の撮影の様子や、鹿児島市民の皆さんが振り付けを覚えている場面など、撮影の裏側を見ることができます。

また、新体操部員から、「旅行に来る人が少なくなっているのが目に見えて分かっていたので、この動画をきっかけに多くの人が来てくれるように良い作品にしたい」と、撮影に対する意気込みの他、「一時期は休館していたが、いろんな方に来ていただけたら有難いです。」という鹿児島市内の水族館からのコメント、「当ホテルも約1ヵ月自粛し、たくさんのお客様に戻ってきていただけたらと思います。」というホテル従業員からのコメントなど、鹿児島市の皆さまのメッセージも収録しています。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ