DCM、島忠の買収条件変えず

共同通信

 ホームセンター大手のDCMホールディングスは30日、同業の島忠買収を巡って家具・日用品大手のニトリホールディングスと争奪戦となっていることに関し「当社こそが最もシナジー(相乗効果)を発現しやすいベストパートナーであると確信している」とのコメントを発表した。DCMの広報担当者は「現時点で買い付け条件の変更の予定はない」と話した。

 島忠を巡っては、DCMが完全子会社に向けて友好的な株式公開買い付け(TOB)を実施している中で、ニトリが29日、対抗的に島忠買収を目指すことを表明した。ニトリの買い付け価格は1株5500円で、DCMの4200円を上回る。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ