訪問介護事業所のための【移動距離らくらく集計システム】を開発、大手訪問介護事業者にて実証

PR TIMES 合同会社AUTOCARE

~月に638時間かかっている集計時間を限りなく0に!~
介護の分野に、AIとIoTを、学びとともに普及させることをミッションとする国立大学法人 九州工業大学発スタートアップ、合同会社AUTOCAREは、訪問介護事業者がソフトウェアのインストール無しで、手軽に、シンプルに利用できる移動距離らくらく集計システムを開発しました。北九州市で480名以上のヘルパーを抱える北九州福祉サービス株式会社様に試験導入し効果を検証します。
○背景

私たちは、国立大学法人九州工業大学のテクノロジーを社会に役立てる大学発スタートアップです。介護の分野に、AIとIoTを、学びとともに普及させることをミッションとしています。
私たちの研究成果を介護・福祉分野を中心に応用する中で、訪問介護事業所では、交通費の精算に多くの手間ひまをかけていることを知りました。

ヘルパーさんは、高齢者のお宅をはしごすることはもちろん、事業所に始業時と就業時に立ち寄るわけではありません。直行直帰もよくあることです。
このような移動費を精算するのに、施設によっては毎週・毎月、手書きで集計しているところもまだまだ多いようです。例えばヘルパーが20人いる事業所で、1週あたり10分かけて二人がかりで確認するとすると、移動費の計算だけに月に26.6時間、つまり毎月約3.3人分の人件費を使っていることになります。

今回、私たちの経験と技術を生かして、ソフトウェアのインストール無しで、手軽に、訪問介護事業所でシンプルに利用できる移動距離らくらく集計システムを作りました。

○訪問介護移動距離らくらく集計システムの機能

このシステムでは、次のような、シンプルだけど、あると便利な機能を提供します。

☆移動距離らくらく集計機能

・全てのヘルパーの訪問の記録を入力しておくと、ヘルパー名を選択するだけで、ヘルパーや訪問先の住所から移動距離を計算し、そのヘルパーの月の移動距離が集計されます(下図)。


・Microsoft Excelと同様の機能を持つ表計算アプリ、「Googleスプレッドシート」上で動作しますので、使い慣れた表計算ソフトの感覚でデータの整理や編集ができます。
・他の介護システムからCSVでデータを保存できれば、このシステムにデータを貼り付けるだけで集計できます。

○訪問介護移動距離らくらく集計システムの使い方

1. はじめに、スタッフの住所一覧を登録しておきます。(これは介護システムからCSVデータで出力した物を貼り付け可能です。)



2. 次に、お客様の住所一覧を登録しておきます。(これも介護システムからCSVデータで出力した物を貼り付け可能です。)



3. 訪問の記録も入力します。(これも介護システムからCSVデータで出力した物を貼り付け可能です。)

4. 年月とヘルパー名を選択すれば、そのヘルパーの月の移動距離が住所からかんたんに集計されます!


○訪問介護事業者への試験導入

本システムを、ヘルパー480名以上を抱える訪問介護事業者、北九州福祉サービス株式会社様にて試験導入します。北九州福祉サービス様においては、多くのエリアに分かれてヘルパーが訪問介護サービスを提供しているため、移動費の集計も大変な負担になっています。本システムの導入によって、ヘルパーの皆様の負担が軽減できるかどうかを、数ヶ月にわたって検証します。

効果の見込みとしては、上記の計算によれば、この集計に一月あたり638時間、つまり80日分の時間がかかっている計算になります。
私たちのシステムによって、これを限りなく0に近づけられる見込みです!

○ご利用について

ご利用にご興味がある方は、私たちにご連絡ください。
まずは試験的にご利用いただいて、役立つようでしたら本格的に導入するためのご相談に応じます。

・申し込みの際は、Gmailアカウントをご用意いただき、「備考欄」にお書きください。
・お申し込み後、そのGmailにGoogleスプレッドシートへのリンクを送付しますので、そのシート上でお客様情報を登録してご利用ください。

○よくあるご質問

Q: 必要なPC環境は?
A: WebブラウザでGoogleスプレッドシートが動作するパソコンが1台必要です。

Q: 介護ソフトと連携していますか?
A: シンプルな機能に徹するため、介護ソフトとの連携はしていませんが、介護ソフトからお客様情報をCSV等で出力できれば、それを本システム貼り付けることで簡単に利用できます。その他の連携機能については、ご相談に応じます。

Q: セキュリティや個人情報管理は大丈夫ですか?
A: Googleのプラットフォーム上でセキュリティ管理されますので、アクセス管理や個人情報管理もGoogleのプラットフォームを利用できます。
○合同会社AUTOCAREについて

合同会社AUTOCAREは、国立大学法人九州工業大学のテクノロジーを社会に役立てる大学発スタートアップです。介護の分野に、AIとIoTを、学びとともに普及させることをミッションとしています。

九州工業大学井上創造研究室では、これまで介護施設や病院に、多くのスマホを提供して、IoTおよび行動認識AIの実証実験を多数行ってきました。
・スマホが世にでて間もない頃、250人の学生にスマホを配ってセンサ行動認識の実験をしました。
・病院の看護師にスマホを持ってもらい、2年間センサデータを収集して看護行動認識の実験をしました。
・全国の家庭にスマホを配布し、延べ約10,000日の家庭内環境センシングをしました。
・6階建ての介護施設のスタッフ全員にスマホを配布し、4ヶ月間センサ行動認識の実験をしました。
これらの研究は権威ある国際学会に発表され、2019年には文部科学省の玄関で1ヶ月間展示され、注目されました。

このような、スマホとAIを組み合わせた研究を介護・福祉分野を中心に応用する中で、私たちのテクノロジーで介護現場の効率化に簡単に貢献できることがあると思い、今回のようなシステムを今後も提供していきます。

合同会社AUTOCARE ホームページ: https://autocare.ai/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ