金沢・兼六園で「雪づり」始まる

共同通信

 日本三名園の一つ、兼六園(金沢市)で1日、北陸の冬の風物詩「雪づり」の作業が始まった。湿った雪の重みから樹木を守るため、枝に縄を円すい状に張って冬に備える。雪づりが施された樹木の姿は3月中旬まで楽しめる。

 作業は高さ約10メートル、幅約26メートルと園内随一の枝ぶりを誇る「唐崎松」から開始。高さ約14メートルの柱によじ登った庭師が縄を投げ下ろし、受け取った別の庭師が枝に結び付けた。観光客らは伝統の技術に感心した様子で見入っていた。

 京都府から訪れた会社員は「雪づりを見たのは3回目だが、作業風景は初めて。伝統作業の初日に立ち会えて良かった」と話した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ