松井氏、深々と頭下げ

共同通信

 大阪都構想の是非を問う2度目の住民投票が反対多数となり、大阪市内のホテルでは1日午後11時から、賛成派の大阪維新の会と公明党の記者会見が開かれた。大阪維新代表の松井一郎大阪市長は冒頭、吹っ切れた表情で「これは民意。今後は市の発展に全力を尽くしたい」と述べ、深々と頭を下げた。

 対照的に、代表代行の吉村洋文大阪府知事は、硬く疲れ切ったような表情。目を潤ませつつ「大阪の成長に都構想が絶対必要と思ってやってきたが、政治家として市民の判断を尊重したい」と述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ