維新、衆院選へ立て直し急務

共同通信

 「大阪都構想」という看板政策の再否決と、松井一郎代表の政界引退表明で、日本維新の会は大きな打撃を受けた。菅政権との緊密な関係を持つ松井氏がいなくなれば、政党としての存在感低下は免れない。1年以内に実施される次期衆院選に向け、体制立て直しが急務となる。

 日本維新の馬場伸幸幹事長は2日未明、松井氏が記者会見後、会場の大阪市内のホテル控室で党幹部に「今後は若い世代で頑張ってボールをつないでほしい」と語ったと記者団に明らかにした。

 党規約では大型選挙後を代表任期の区切りとしている。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ