ジュネーブ、大半の店閉鎖

共同通信

 【ジュネーブ共同】スイス西部ジュネーブ州は1日、新型コロナウイルス感染症の拡大が深刻化しているとして、2日夜から29日まで、食料品店や薬局などを除く大半の商店や飲食店の営業を禁止するなどの規制強化措置を発表した。学校は閉鎖されず、外出は制限されないが、公の場で5人以上が集まることは禁じられた。

 スイス政府は10月下旬、全土で深夜から未明にかけての飲食店の営業を禁じるなどの規制強化策を発表したが、より厳しい措置の導入は各州政府に委ねられている。

 国際機関が集中し、フランスからの越境通勤者も多いジュネーブ州は人口比の感染者数がスイス国内で最も多い。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ