王者京口が感染、世界戦は中止に

共同通信

 日本ボクシングコミッション(JBC)は2日、大阪市のインテックス大阪で3日に開催予定だった世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級タイトルマッチを、スーパー王者の京口紘人(26)=ワタナベ=の新型コロナウイルス感染により、中止すると発表した。

 試合は新型コロナウイルス感染拡大後、国内では初めての外国選手を招いての世界戦で、京口は3度目の防衛を懸けて挑戦者のタノンサック・シムシー(20)=タイ=と対戦の予定だった。

 2日午前に大阪市内で調印式と前日計量が行われ、同日のPCR検査で京口と、チーフセコンドを務めるワタナベジムの50代男性が陽性反応を示した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ