首相、任命拒否の答弁に矛盾続出

共同通信

 菅義偉首相は2日の衆院予算委員会で、日本学術会議の会員任命を拒否した6人のうち53歳の宇野重規・東大教授(政治学)が、若手に当たると認めるかどうかを問われ「認めない」と述べた。一方、会員のうち49歳以下が3%にすぎないとも答弁。首相は、若手が少ないなど会員構成を問題視して6人を除外したと説明したが、比較的若い宇野氏の任命拒否理由は語らなかった。この問題で、野党は首相答弁の矛盾が相次いでいるとして反発を強めた。

 質問した立憲民主党の今井雅人氏は「会員候補105人のうち52歳以下は11人しかいない。宇野氏は若手で、首相の答弁はめちゃくちゃだ」と追及した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ