「デジタル人民元」実現へ法改正

共同通信

 【北京共同】中国人民銀行(中央銀行)が、通貨を電子化する「デジタル人民元」の実用化に向けた法改正に着手したことが2日、分かった。発行に「法的根拠」を与え、暗号資産(仮想通貨)など民間のデジタル通貨の発行を禁止する。

 中国はお金をつかさどる中銀が発行するデジタル通貨(CBDC)で実証実験を始めるなど日米欧に先行。法改正で国を挙げて後押しする姿勢を明確にする構えだ。

 人民銀がこのほど改正案を公表し、意見を募っている。

 改正案では、人民元を「実物とデジタルの形式が含まれる」と明記。改正の趣旨説明で「デジタル通貨の発行に法的根拠を付与するため」としている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ