李明博元大統領を収監、韓国

共同通信

 【ソウル共同】在職中に巨額の賄賂を受け取った収賄罪などで懲役17年の実刑が確定した李明博元大統領(78)が2日、収監された。李元大統領が同日検察に出頭し、拘置所に移送された。最高裁が10月29日に二審判決を支持し、李元大統領と検察の上告をいずれも棄却していた。韓国メディアが伝えた。

 李元大統領は2018年3月に逮捕された後、二審途中で保釈。二審の実刑判決言い渡し後に一時収監されたが、再び保釈されていた。

 弁護人によると、李元大統領は2日も「私は拘束できるかもしれないが、真実は隠すことはできない」と述べ、改めて無実を訴えた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ