関電の稼働原発、ゼロに

共同通信

 関西電力大飯原発4号機(福井県おおい町)が3日、定期検査のため停止した。同社で稼働中の原発が約3年半ぶりにゼロに。稼働原発ゼロの状態は、関電高浜原発3号機(同県高浜町)が運転再開する12月下旬まで続く見込み。

 国内では当面、九州電力玄海原発4号機(佐賀県)のみの稼働となる。新規制基準下で再稼働した関電の原発は大飯3、4号機と、高浜3、4号機の計4基。うち高浜の2基は、テロ対策施設の完成が期限に間に合わず、今年10月までに相次いで運転できない状態になった。

 施設完成は12月を見込み、3号機は同月下旬、4号機も来年1月下旬の運転再開を目指す。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ