サウジ石油、45%減益に

共同通信

 【ロンドン共同】サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが3日発表した2020年7~9月期決算は、純利益が前年同期比45%減の118億700万ドル(約1兆2300億円)だった。新型コロナウイルス流行に伴う景気悪化で原油需要が減少したのが響いた。売上高は25%減の609億5800万ドル。

 外出制限などの緩和により抑えられていた経済活動が再開し、4~6月と比べて減益率は改善した。ただ欧米などで新型コロナ感染が再拡大していることから、先行きの不透明感が強まっている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ