中国、35年に経済規模倍増

共同通信

 【北京共同】3日の新華社電によると、中国共産党の習近平総書記(国家主席)は、2035年までの長期目標に関連して「経済規模か国民の平均収入を倍増させることが完全に可能だ」と述べた。国内総生産(GDP)で米国を逆転することを見据えたとみられる。ただ新型コロナウイルスなど「外部環境に不確定要素が多い」として、具体的な経済成長率の目標数値は示さなかった。

 10月29日まで開かれていた党の重要会議、第19期中央委員会第5回総会(5中総会)で、35年までの長期目標と21~25年の第14次5カ年計画について討議し、習氏が基本方針について発言した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ