日銀、9月会合の議事要旨を公開

共同通信

 日銀は4日、9月に開いた金融政策決定会合の議事要旨を公表した。出席者は、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ海外経済が持ち直しつつあるとの認識で一致した上で、複数の委員から米大統領選や米中関係の緊迫化などを背景に、先行きには不確実性が大きいと懸念の声が上がった。

 会合は9月16、17日にあり、菅政権発足後として初の開催となった。複数の委員は、新型コロナへの対応などで政府と引き続き連携していくことが必要だと強調。内閣府の出席者は「日銀はこれまで同様、政府との間で危機感を共有しつつ、緊密な連携をしてほしい」と求めた。

 会合では大規模金融緩和策の維持を決めた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ