ニューノーマル時代の公共空間に向け、機能性・デザイン性を兼ね備えた家具「ウイルス・細菌対策製品」全26アイテムを11月4日(水)にリリース開始。

PR TIMES 株式会社アダル

4つの観点を軸に機能性とデザイン性を兼ね備え、国内でも希少な家具加工機械を活用した製品を提供。
福岡県に本社をおく業務用家具メーカー 株式会社アダル(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:武野 ⿓)は、ニューノーマルの時代に向けた家具シリーズ、「ウイルス・細菌対策製品」全26アイテムを11月4日にリリース。4つの観点を軸に機能性とデザイン性を兼ね備え、国内でも希少なデザインシームミシン・多軸加工CNCを活用した製品を提供。
■「ウイルス・細菌対策製品」とは
家具は人と毎日接する身近な存在です。「ニューノーマルの時代に、家具から安心・安全を」というキャッチコピーの下、アダルでは4つの観点から「ウイルス・細菌対策製品」全26アイテムをリリース開始致しました。

メインビジュアル、ACカーム使用イメージ

■ウィルス・細菌感染対策製品開発における4つの観点
1)飛沫飛散防止
2) 抗菌・抗ウイルス素材の使用。
3) メンテナンス対応
4) 距離を保つ工夫

◎商品一覧がご覧頂ける特設サイト
https://www.adal.co.jp/anti_coronavirus_products/

■シリーズメインモデルのご紹介
飛散防止をデザインする。空間と調和するパーティション。『ACカーム』
現状の飛沫飛散防止パーティションに対し「急造で設置した為空間とマッチしていない」、「早く取り除きたい」とマイナスに感じている設計・店舗運営側のニーズを予想し、アフターコロナでもずっと使い続けたいと思われる製品になるよう、飛散防止機能はそのままに空間と調和するようデザインされた製品。

ACカーム

ポイント1.
パネルはアクリルと耐次亜塩素酸・耐アルコール・抗菌機能付ファブリック調ビニールレザーの2種類。パネルエッジには家具国際見本市ミラノサローネで近年トレンド、国内ではまだ珍しい特殊なコンピュータ制御ミシンを使用したデザインステッチが施されています。
ポイント2.
ベースはアッシュ天然木をふんだんに使用。国内に数台にしかない多軸加工が可能なイタリア製CNC加工機器を使用し製作。
ポイント3.
全て国内の自社工場で製作にも関わらず、お選び頂きやすい価格を設定。

【仕様】
◎アクリルタイプ
サイズ:W580×D103×500/650、W1150×D103×H650
パネル:透明アクリル3mm、ベース:アッシュ材
定価:¥29,000~
◎レザータイプ
サイズ:W580×D123×500/650、W1150×D123×H650
パネル:ビニールレザー、ベース:アッシュ材
定価:¥43,000~

近くても、対面しない。新しい時代の、新しいカタチ。『ACミール』
コロナ禍の公共空間の設計において、「飛沫飛散、密を避けながらも席数も確保できる家具はないか」と顧客から多くの要望を受けデザインされた製品。
近すぎず遠すぎない距離感で、食事をする時、打ち合わせをする時、対面しなくても相手の顔が見やすい角度に。
幾何学的に様々なシーンや空間に合わせ様々なレイアウトが可能です。

ACミール使用イメージ
ACミールレイアウトイメージ

ポイント1.
三角形の家具の形状とレイアウトにより飛沫飛散・密を避ける方法を独自設計。
ポイント2.
2020年グッドデザイン賞受賞のアイカ工業製、抗菌・抗ウイルス機能付メラミン化粧板を使用。抗ウイルス性能は99%以上。

【仕様】
サイズ:W1700×D850×H720
天板:抗菌・抗ウイルス機能付メラミン化粧板(ナチュラル/ホワイト)、脚部:スチール(ブラックメラミン焼付塗装)
定価:¥195,000

◎製品カタログPDF
https://my.ebook5.net/adal/adal_anti_coronavirus_products/
■会社概要
商号:株式会社アダル(https://www.adal.co.jp
代表者:代表取締役社長 武野 ⿓
本社所在地:〒812-0863 福岡県福岡市博多区金の隈3-13-2
創業:1953年3月
事業内容:業務用イス・テーブル・什器などの製造および販売、家具輸入販売、その他、インテリア資材販売及び設計・施工
資本金:1億8,225万円

カフェ、レストラン、ホテル、オフィスなどの商業空間で使われる業務用家具の製造メーカー。創業67年、福岡本社をはじめとし、営業拠点は全国14か所。福岡県には業務用家具の製造工場として国内最大級の規模を誇る100名以上の社員が勤務する総合工場を所有。業務用家具メーカーとして業界初の自社ECサイト(https://adal-online.shop/)を運営し、全国の顧客ニーズに応える。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ