ため池工事汚職で元職員に有罪

共同通信

 兵庫県発注のため池工事などで入札情報を漏らして現金20万円を受け取ったとして、加重収賄などの罪に問われた同県上郡町元職員梅田康明被告(49)=懲戒免職=に神戸地裁は4日、懲役2年、執行猶予4年、追徴金20万円(求刑懲役2年、追徴金20万円)の判決を言い渡した。公競売入札妨害罪に問われた建設会社元社長山本貴志被告(50)は懲役1年、執行猶予3年(同懲役1年)。

 野口卓志裁判長は判決理由で「梅田被告は公務員の職務の公正に対する信頼を大きく失わせた」と非難。梅田被告が懲戒免職処分を受けたことや、山本被告が会社の代表を辞任したことを踏まえ、執行猶予を付けた。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ