シノケン、ニューノーマル時代のコンセプトアパートメント『ORIGINO』(オリジノ)を開発

PR TIMES 株式会社シノケングループ

株式会社シノケングループ(東京本社:東京都港区、代表取締役社長:篠原英明、東証ジャスダック市場 証券コード 8909、以下、グループを総称して「シノケン」という。)傘下で、シノケンの投資用アパートメントの企画、マーケティング、開発、建築、販売を担う株式会社シノケンプロデュース(本社:東京都港区、代表取締役社長:玉置貴史)が、ニューノーマル時代のコンセプトアパートメント『ORIGINO』を開発しましたので、お知らせいたします。
新しい生活様式での一人暮らし。コンパクト空間で実現
 新型コロナウイルスの影響により、日常生活や仕事の様式に様々な変化が起きており、withコロナ、afterコロナの暮らしのあり方が“新しい生活様式”として定着しつつあります。こういった変化に対応するべく、ニューノーマル時代のくらしの多様性、新しい生活様式に応える一人暮らし空間の実現を目指し、『ORIGINO』を開発しました。

 『ORIGINO』には、「原点」「起源」という言葉そのものの意味に加え、「”新しい生活様式”の始まり」、そして「生活スタイルのミニマムデザイン(根源・原始)」という意味が込められています。



『ORIGINO』 4つの特徴

1. 玄関横に洗面台を配置・非接触型照明の採用
 人感センサータイプの玄関照明を採用していますので、手を触れずに照明が点灯し、玄関の横に
配置された洗面台で、帰宅後すぐに手洗い・うがいができるようになります。

2. 換気性能の向上
 ロフト奥側と玄関の上部を吹抜けとし、24時間換気を常時稼働させ、空気が停滞しないようにすることで、
換気効率を向上させる仕様となっています。



3. ウイルス制御
室内の壁紙は抗ウイルス壁紙を採用。手を触れることが多くなるリモートワーク用カウンターにも、
抗ウイルス機能付きの建材を採用しております。



4. リモートワーク対応
 リモートワークやオンライン学習などの普及にあわせて、ワーキングスペースを確保。壁に設置された可動式のカウンターで、ONとOFFの時間を自由に切り替えることが可能です。

『ORIGINO』は、2020年12月から販売開始、引渡しは2021年夏以降を予定しております。

都市型住戸タイプ 「多様なニーズへの対応」
 入居者様の生活スタイルは多様化が加速しています。シノケンでは入居者様のニーズへお応えすべく、常に商品開発を継続しており、東京23区専用の都市型アパートメントとして、これまでの『AVAND』に加え、『ORIGINO』を開発しました。今後も時代に応じた対応を進めてまいります。



シノケンは、お客様の生涯を通じて価値を提供する
「世界中のあらゆる世代のライフサポートカンパニー」をビジョンに掲げ、
人生 100 年時代を見据えた資産づくり、ゼネコン、エネルギー、高齢者・障がい者施設の
運営、不動産ファンドと、国内外で幅広く事業展開しています。
また、REaaS の推進により人々と社会の様々な課題を解決してまいります。


株式会社シノケングループ https://www.shinoken.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ