ライチョウの成鳥1羽死ぬ

共同通信

 いしかわ動物園(石川県能美市)は4日、飼育していた国の特別天然記念物で絶滅危惧種ニホンライチョウの成鳥1羽が死んだと発表した。昨年7月にふ化した1歳の雌で、解剖したが死因は特定できなかったという。

 同園によると、3日午前10時ごろ、出勤した飼育員がケージの中で死んでいるのを確認した。2日までに摂食などの様子に異常はなかった。今後、研究機関が死亡原因を精査する。同園が飼育するライチョウは9羽となった。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ