横浜・住民投票求め署名15万超

共同通信

 横浜市が目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の賛否を問う住民投票条例の制定を求め、市民グループ「カジノの是非を決める横浜市民の会」が9月から始めた署名活動が4日、最終日を迎えた。グループによると、同日昼時点で集めた署名は約15万6千人分で条例制定の請求に必要な約6万2千人分の2倍以上となった。

 グループは今後、署名を住民の居住区ごとに分け、13日に各区の選挙管理委員会に提出する。共同代表を務める小林節慶応大名誉教授は「コロナの影響で集まらないのではないかと不安だったが、ほっとしている。市議会は法定数の2倍の署名を無視できないはずだ」と述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ