三菱自動車、2098億円の赤字

共同通信

 三菱自動車が4日発表した2020年9月中間連結決算は、純損益が2098億円の赤字だった。新型コロナウイルスの影響が響き、25億円の黒字だった前年同期から大幅に悪化した。売上高は前年同期比49・0%減の5748億円だった。

 加藤隆雄最高経営責任者(CEO)は電話による記者会見で「われわれを取り巻く環境はいまだに厳しく不透明だが、構造改革は計画に沿って粛々と進捗している」と述べた。

 2021年3月期の連結業績予想は、売上高が1兆4800億円、純損益が3600億円の赤字になるとの見通しを据え置いた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ