大垣共立銀会長の土屋嶢氏が死去

共同通信

 大垣共立銀行の代表取締役会長の土屋嶢(つちや・たかし)氏が4日未明、急性呼吸不全のため死去した。同行が明らかにした。74歳。岐阜県大垣市出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長男で常務取締役の諭(さとし)氏。お別れ会を後日行う予定。新型コロナウイルスに感染し入院していたが、死因との関連は不明。県が4日公表した新型コロナの死者数には含まれている。

 富士銀行を経て1977年に大垣共立銀行に入行。93年、全国の地方銀行で当時最年少の46歳で頭取となった。

 手のひらの静脈認証でATMを利用できるようにするなど先進的なサービスを次々導入。26年間頭取を務めた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ