「鉄道神社」設立へ資金募る

共同通信

 茨城県ひたちなか市のローカル線で半世紀近く活躍した引退車両を“ご神体”とする「鉄道神社」の設立を目指す市民団体が5日、車両の修繕と再塗装に充てる資金をインターネット上で募るクラウドファンディングを始めた。目標額は380万円で、募集期間は12月20日まで。

 ご神体としてまつるのは、1962年製造のディーゼル気動車「キハ222」。71年から現在のひたちなか海浜鉄道湊線で運行され、2015年に引退後、同線の終点で神社の予定地となる阿字ケ浦駅に置かれている。44年間無事故だったことから、交通安全や長寿の御利益をアピールする。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ