日本製紙、釧路の紙・パルプ撤退

共同通信

 日本製紙は5日、釧路工場(北海道釧路市)での紙・パルプ事業から撤退すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大やIT化の進展で、新聞用紙や印刷用紙の需要が減少しているため。2021年8月に生産を終了する。同工場で行っている発電事業は継続する。

 紙・パルプ事業に携わる従業員約250人はグループ内で配置転換し、雇用は維持する。釧路工場では新聞用紙など年間22万トンの生産能力を持つ。釧路工場で生産していた製品は、日本製紙の他の工場で生産するほか、一部を他社に委託する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ