日本船重油除去、来年1月完了へ

共同通信

 インド洋のモーリシャス沖で8月に発生した日本の貨物船の重油流出事故で、船を保有・管理する長鋪汽船(岡山県笠岡市)は5日、沿岸に広がっている油の除去作業が来年1月にもほぼ完了すると発表した。

 貨物船は7月下旬に座礁し、8月6日に重油漏れが始まった。モーリシャス警察は8月、安全な航行を怠った疑いで船長と1等航海士を逮捕した。

 船を手配した商船三井は9月に総額10億円規模の支援策を発表。損害賠償の法的責任はないが、汚染されたサンゴ礁を回復するための基金を来年4月以降に設立する。

 除去作業は、サンゴ礁や根が入り組むマングローブ林で難航しているとの見方もある。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ