ホープ、TATERUと電力の市場価格予測AIを共同開発~電力提供価格予測の精緻化により、自治体への適切な料金提案を実現~

PR TIMES 株式会社ホープ

自治体に特化したサービスを展開する株式会社ホープ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長兼CEO:時津孝康、証券コード:6195、以下「当社」)と株式会社TATERU(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:古木大咲、証券コード:1435、以下「TATERU社」)は、日本卸電力取引所(JEPX)における市場価格の予測の最適化を可能にするAI(以下「当AI」)を共同開発いたしましたのでお知らせいたします。

■背景

当社は、「広告事業」「エネルギー事業」「メディア事業」の3つの事業を軸とし、自治体に特化したサービスを展開しております。自治体ビジネスにおいて創業より約15年に亘る自治体との契約実績やノウハウ、リレーションに加え、民間企業への営業力にも強みを置いています。一方、TATERU社は、AIやIoTなどのITを活用した不動産賃貸管理に強みがあります。過去にAIで家賃推定エンジンを活用していた経験があり、今回はそのノウハウや知見を活かした開発を目的として共同開発のパートナーに起用させていただくことになりました。
当社エネルギー事業の業容拡大は著しく、事業開始以来119億円(*)の自治体および公共施設のコスト削減に貢献しております。今後の拡大に伴い自治体へより適切な提案を行うため、電力の市場価格予測、ひいては当社エネルギー事業の原価予測の精度を上げることが必須であると考えております。そこで今回、AI開発のナレッジを有するTATERU社と当AIの開発に取り組むこととなりました。
(*)当社エネルギー事業が落札した案件の契約期間における経費削減見込額。2018年のエネルギー事業開始以来2020年6月末までの累計金額です。

■期待される効果
当AIをベースに価格予測精度の向上を図り、価格変動リスクも含め定量的に評価された予測のもと、より適切な価格で自治体への料金提案が可能になります。

■当AIの開発内容
当AIの基礎学習データは、当社の卸電力価格予測に関するノウハウやデータを活用しております。さらに東京大学空間情報科学研究センター不動産情報科学研究部門 清水千弘 特任教授の指導のもと、過去の地域別卸電力価格や気象データ等を利用して、日本卸電力取引所(JEPX)における市場価格の予測モデルを構築し、当AIの開発が可能になりました。不動産と関連性の高いこれら複数のビッグデータをもとに将来の価格を予想する、という需給予測においてのノウハウが、電力市場価格予測につながるものと考えております。
消費者が電力会社や料金メニューを自由に選択できる、電力小売全面自由化の施行(2016年4月1日)から日が浅く、過去のデータが少ないことも考慮し、複数の時系列予測手法を比較検討した上で選択した最適な予測モデルを利用しております。

■中期経営計画に基づく今後の活動
当社は中期経営計画「HOPE NEXT 3」のエネルギー事業の中長期戦略において、独自のアルゴリズムにより原価予測を機械学習で行うAIの開発、その長期的な価格予想精度向上を標榜しております。当AIの開発および運用が長期的な付加価値向上のための第一歩となり、さらに原価予測が高精度になっていくことで当社の収益予測の正確性を追求することにもつながります。
なお、当社は2020年10月22日にエネルギー事業専門の子会社「株式会社ホープエナジー」(持株比率:当社100%、本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:時津孝康、以下「ホープエナジー」)を設立しております。ホープエナジーの事業内容として「エネルギーの売買に関するAI技術の研究等」を掲げており、今後当AIを活用した価格予測等のデータ管理やAIの精度向上については、ホープエナジーの管理下で運用してまいります。

(ご参考)子会社設立に関するお知らせ
https://ssl4.eir-parts.net/doc/6195/tdnet/1882983/00.pdf

■今後の見通し
本件が当社の当期の業績に与える影響は軽微なものと見込んでおりますが、今後、業績予想の修正が必要になった場合には、速やかに開示いたします。

■株式会社ホープ(https://www.zaigenkakuho.com/
代表者:代表取締役社長兼CEO 時津 孝康
所在地:福岡県福岡市中央区薬院1-14-5 MG薬院ビル7F
資本金:3億1,514万円(2020年6月末日時点)
事業内容:自治体に特化したサービスを展開(広告事業、エネルギー事業、メディア事業)

■株式会社ホープエナジー(https://www.hope-energy.co.jp/
代表者:代表取締役社長 時津 孝康
所在地:福岡県福岡市中央区薬院1-14-5 MG薬院ビル7F
資本金:1,000万円(持株比率:当社100%)
事業内容:電気・ガス等のエネルギーの売買に関する業務、またこれらに関する AI 技術の研究等

■株式会社TATERU(https://corp.tateru.co/
代表者:代表取締役CEO 古木 大咲
所在地:東京都渋谷区恵比寿南3-4-14-2F
資本金:72億96百万円
事業内容:AI・IoT事業、KANRY事業、TATERU事業



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ