コロナ関連倒産700件超

共同通信

 東京商工リサーチは5日、新型コロナウイルス関連の企業倒産が2月からの累計で701件になったと発表した。負債総額が10億円を超える大型倒産が減る一方、体力の乏しい中小・零細企業で増加傾向にある。月別では10月に最多の113件を記録し、東商リサーチは実質無利子融資などの公的支援の効果が薄れつつあるとみている。

 コロナ関連倒産は9月に3カ月ぶりに100件を上回っていた。11月も5日時点で21件と、100件を超すペースだ。

 業種別では飲食業が122件と突出。アパレル関連(70件)、宿泊業(55件)が続き、外出抑制や訪日客減少の影響を受ける業種が目立った。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ