9月の消費支出、10・2%減

共同通信

 総務省が6日発表した9月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は26万9863円で、物価変動を除く実質で前年同月比10・2%減となった。新型コロナウイルス感染が続いていることへの懸念から、旅行や外食の支出が大きく減った。マイナスは12カ月連続となる。

 昨年10月に消費税率が10%に引き上げられたため、昨年9月は家電などの駆け込み需要が大きかったことも大幅減の理由となった。項目別では、スーツなどの「被服および履物」が29・7%減、冷蔵庫や洗濯機など「家具・家事用品」が27・7%減、宿泊やパック旅行費含む「教養娯楽」が20・2%減となった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ