ホームセンターグッデイは、インターンシップの募集をスキマバイトアプリ『タイミー』を使って実施します

PR TIMES 嘉穂無線ホールディングス株式会社

新卒採用のためのインターンシップでのタイミー利用としては全国初
北部九州・山口に65店舗ホームセンターを展開する株式会社グッデイ(代表取締役社長:柳瀬隆志、所在地:福岡市博多区)は、株式会社タイミー(代表取締役:小川 嶺、所在地:東京都豊島区)の運営する、すぐ働けてすぐお金がもらえるスキマバイトアプリ「タイミー」を活用しインターンシップの募集を11月下旬より開始いたします。 学生さんはタイミーのアプリ上でグッデイとのマッチングのもと、現場での就労を体験できるようになります。



現在、地方企業にとって優秀な人材の都市部への流出は大きな課題となっています。

また、地方と関東の学生の就活における就活格差が厳然として存在しており、情報格差や機会格差からなるこの就活格差は、地方学生に特有の悩みであると言えます。

グッデイも例外ではなく、地元だけでなく全国のUターン・Iターン希望の学生へのアプローチを必要と感じております。

そこで、グッデイでは学生ユーザーを多く抱えるタイミーのアプリ上に、インターンシップの案内を掲載することとなりました。タイミーを活用した新卒向けインターンシップの実施は、今回が初めての試みです。
これにより、企業はより多くの学生にリーチできるようになり、学生はより手軽にインターンシップ参加の機会を手に入れられるようになります。

インターンシップでは、グッデイ店舗での仕事を一日体験して頂きます。仕事の流れをはじめ、お客様との交流・グッデイ各部署との連携等現場の仕事を体験します。

現場の仕事を体験することで、グッデイでやりたいことやキャリア形成のイメージがしやすく、就活時や入社後の認識違いの軽減につながります。
学生利用率が高いタイミーを活用することで、より幅広い学生にグッデイを知って頂き、インターンシップに参加することが可能となります。


実施内容
タイミーを通してグッデイ店舗メンバーの一員として、業務体験・見学していただきます。

<具体的な業務>
  商品の陳列、お客様対応、販促施策の補助

<業務を通じて学べること>
  お客様がホームセンターに期待している事が分かる

 I:グッデイならではの接客スタイルが学べる
 II:グッデイがお客様に愛される仕組みが学べる
 III:店舗で働く従業員のリアルな声が聴ける
取材ご希望のメディア様
店舗内でのインターンシップの様子の撮影が可能です。

日時:2020年11月15日(日)10時~17時
場所:グッデイ姪浜店(福岡市西区姪の浜2-22-25)
内容:
●インターンシップ希望の学生が、実際に店舗業務に携わる様子
●人事担当者インタビュー可
※ご希望の場合は、
グッデイ広報島村(n.shimamura@gooday.co.jp)
までご連絡をお願い申し上げます。

今後の展開
今後は、今回のようなインターンシップの取り組みを通して、学生とグッデイ側が相互に深い理解を得ることで、スムーズな就活と採用活動ができると考えております。


タイミーとは
「タイミー」は「この時間なら働ける」人と「この時間だけ働いてほしい」企業をつなぐスキマバイトアプリです。働き手は応募や面接がなく、働きたい案件を選ぶだけですぐに働くことができ、勤務終了後すぐにお金を受け取ることができます。

企業は来て欲しい時間や求めるスキルを登録するだけで、条件にあった働き手が自動マッチングします。


タイミーのダウンロードはこちらから ↓↓↓

▶AppStore(iOS) :https://apps.apple.com/jp/app/taimee/id1409383333
▶GooglePlay(Android) :https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.taimee

株式会社タイミーについて
会社名:株式会社タイミー
設立日:2017年8月
代表者:小川 嶺
所在地:東京都豊島区東池袋1-18-1 Hareza Tower 27階


株式会社グッデイについて
会社名:株式会社グッデイ
設 立:1950年2月(1978年グッデイ1号店 大野城店オープン)
代表者:代表取締役社長 柳瀬隆志
所在地:福岡県福岡市博多区中洲中島町2番3号 福岡フジランドビル10階
事業内容:北部九州・山口に65店舗のホームセンターグッデイ及びファブラボ太宰府を運営。
取扱商品:日曜大工用品・植物・園芸・ペット用品・インテリア・エクステリア・家庭電化製品・カー用品・事務文具用品等
事業所:福岡42店舗・大分8店舗・佐賀7店舗・熊本4店舗・山口4店舗 計65店舗



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ