サクラタウンが全面開業、埼玉

共同通信

 出版大手KADOKAWAが運営する大型文化複合施設「ところざわサクラタウン」(埼玉県所沢市)が6日、全面開業した。約4万平方メートルの敷地に文化施設や書籍製造工場、ホテルや飲食店、同社のオフィスなどが並ぶ。角川歴彦会長は式典で「所沢から次の飛躍を始める。地元の皆さんと共生し、新しい出版社像を示したい」とあいさつした。

 ランドマークは、隈研吾氏がデザインした岩塊のような建築物「角川武蔵野ミュージアム」で、地上5階建てに図書館や博物館、美術館が入居。壁面が高さ約8メートルの巨大な本棚になっている「本棚劇場」は、同社の刊行物や個人蔵書など約5万冊を所蔵する。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ