北海道、コロナ警戒度引き上げ

共同通信

 北海道の鈴木直道知事は6日、道が独自に定める新型コロナウイルスの警戒度を5段階の「2」から「3」に引き上げる方針を明らかにした。7日にも実施し、同日に札幌市の繁華街・ススキノ地区の酒類を提供する飲食店などへの時短営業要請も決定する見通し。

 6日の道内の新規感染者発表は115人で、5日の119人に続いて連日の100人超えとなった。5日時点で、病床利用者数は285床で引き上げ指標の250床を上回るほか、直近1週間の新規感染者は580人で指標の133人を大幅に超過した。道は専門家の意見を踏まえ、警戒度を格上げした際に要請する対策を検討している。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ