首相、17年人事で事前調整

共同通信

 菅義偉首相は6日の参院予算委員会で、日本学術会議の会員任命拒否問題を巡り、政府が会議との間で人事を事前に調整したのは2017年だと明らかにした。やりとりの詳細は語らず、調整のタイミングは会議側が会員候補者を推薦するよりも前だったと説明。野党は「露骨な政治介入だ」と批判を強め、予算委審議は紛糾した。

 学術会議が会員を改選した前回17年の任命手続きでは、政府は定員より多い候補者の名簿を提示するよう会議側に要求している。今年も政府側から同様の求めがあったが、会議側は応じず、結果的に候補者6人が除外された。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ