千枚漬の仕込みピーク

共同通信

 立冬を迎えた7日、京都の冬の風物詩「千枚漬」の漬け込み作業がピークを迎え、京都市伏見区の老舗漬物店「大安」で伝統の技による仕込み作業が報道陣に公開された。

 法被姿の職人たちが、カブの一種で直径20センチ、重さ2キロほどの京野菜「聖護院かぶら」をかんなで「シュッ、シュッ」と厚さ2・6ミリに手際よくスライス。塩を振りかけ、たるに北海道産昆布と一緒に敷き詰めた。

 江戸時代末期から作られているという千枚漬は、シャキッとした歯応えが特徴。大安の担当者は「気候が良く、甘くて質の良いかぶらが収穫できた。かぶら本来の味を楽しんでほしい」と話した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ