巨額投資で経済成長押し上げ

共同通信

 【ワシントン共同】米大統領選で勝利宣言したバイデン前副大統領は、4年で2兆ドル(約206兆円)に上る巨額のインフラ投資で経済成長を押し上げる方針だ。大企業や富裕層への課税を強化し、トランプ政権の減税路線から転換。新型コロナウイルスの感染拡大で悪化した景気の回復を優先する。

 バイデン氏は7日の勝利宣言で「米国を支えている中間層を再建する」と訴え、トランプ政権で広がった所得格差を是正すると強調。大恐慌後に積極的な公共投資などに取り組んだニューディール政策を引き合いに出し、歳出拡大で経済再生を図る姿勢を示した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ