MTB、五輪代表勢が優勝

共同通信

 自転車の全日本マウンテンバイク選手権最終日は8日、長野県の富士見パノラマリゾートで五輪種目のクロスカントリーが行われ、男子は東京五輪代表に決まっている山本幸平(DREAM SEEKER RACING TEAM)が1時間18分25秒05で6大会連続12度目の優勝を果たした。

 女子クロスカントリーも五輪代表の今井美穂(CO2bicycle)が58分13秒31で2位に4分半以上の差をつけて貫禄勝ちし、3連覇を飾った。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ