サンマ漁獲、過去最低ペース

共同通信

 全国さんま棒受網漁業協同組合(全さんま、東京)は9日、7~10月末の全国のサンマ漁獲量は1万2913トンだったと発表した。過去最低だった昨年同期の2万299トンの64%にとどまる。10月以降持ち直しつつあるが、過去最低を更新するペースが続いている。

 同組合によると、昨年まで水揚げが10年連続日本一の北海道の花咲港で6341トン(昨年同期比51%)。本州では岩手県の大船渡港が2047トン(同105%)で最も多く、宮城県の女川漁港の1345トン(同167%)が続いた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ