世界糖尿病デーに寄せ11/9~15ヤフオク!にて開催「チャリティーオークション」1型糖尿病の根絶に向け各界著名人が協力

PR TIMES 特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク

1型糖尿病患者・家族の支援NPO「日本IDDMネットワーク」創立25周年記念イベント
全国の1型糖尿病患者・家族を支援する認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク(理事長 井上龍夫、本部 佐賀市)は、2020年に創立25周年を迎えたことを記念し、11月14日の世界糖尿病デーを含む11月9日から15日の1週間、オークションサイト「ヤフオク!」を利用したチャリティーオークションを開催しております。 当法人の活動に賛同いただいた女優の吉永小百合さん、作家の村上龍さん、プロ野球・阪神タイガースの岩田稔投手、プロサッカー・ヴィッセル神戸のセルジ サンペール選手をはじめ、各界の著名人の方々に出品のご協力をいただきました。 売上は”不治の病”1型糖尿病の根絶(=治療+根治+予防)に向けた研究費を助成する「1型糖尿病研究基金」に充てさせていただきます。



私たち日本IDDMネットワークは、インスリン治療を必要とする患者・家族が希望をもって生きられる社会の実現を目指して活動を続け、今年で創立25周年を迎えました。
当法人にとっても記念すべき年にあたる2020年の世界糖尿病デー(11月14日)を迎えるにあたり、1人でも多くの方に糖尿病について知り、より深く考えてほしいという想いから、11月9日~15日の1週間、チャリティーオークションを実施することといたしました。

当法人の活動にご賛同いただいた著名人の皆さまより、チャリティーオークションへのご出品とともに応援メッセージをいただいています。ご協力いただいた皆さまの想いに応えるためにも、当法人が目指す2025年の1型糖尿病の根治実現に向けて全力を尽くしてまいりますので、ぜひ多くの皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。
■■日本IDDMネットワーク創立25周年記念 チャリティーオークション■■
  ~世界糖尿病デーに寄せて、1型糖尿病根絶を願う~

【出品期間】 2020年11日9日(月)~ 15日(日)23:00頃(予定)
【出品者】 吉永小百合さん(女優)/村上龍さん(作家)/岩田稔さん(プロ野球選手 阪神タイガース)/セルジ サンペールさん(プロサッカー選手 ヴィッセル神戸)/山川浩正さん(ミュージシャン(元THE BOOM))/グレート義太夫さん(芸人・タレント)/芋洗坂係長さん(俳優・芸人・ダンサー)/星南さん(モデル・タレント)

▼出品物一覧(ヤフオク!)はこちら
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/japaniddm
※出品物、入札条件等、詳しくは各オークションページをご確認ください。

▼概要はこちら
https://japan-iddm.net/25th_anniv_auction/
■■チャリティーオークションにご協力いただいた皆さま■■







吉永小百合さん(女優)
2019年公開の映画『最高の人生の見つけ方』。作品中に 1型糖尿病の子どもが登場することから、日本IDDMネットワークが協力したことがご縁となり、本映画の主演を務められた吉永小百合さんに本チャリティーオークションへのご協力をいただきました。
私物の「エルメス グレースケリー」のバッグとともに、今回のチャリティーオークションのために「直筆サイン入りメッセージ色紙」を特別にご用意いただきました。

▼吉永小百合さんからの応援メッセージ
憧れのグレースケリーの名前がついたバッグです。30年程前に購入しましたが、もったいなくて殆ど使わずに眺めていました。チャリティーオークションに役立てていただければと思っています。
先日、テレビで1型糖尿病の方がグレートレースという過酷な厳冬期のカナダでのレースで見事2位になった番組を見ました。どんなに苦しいか、大変か、想像出来ない程です。
皆さん苦しい中ですが、頑張って頂きたいと願っております。






セルジ サンペール選手(ヴィッセル神戸)
スペインから来日されているプロサッカー選手(ヴィッセル神戸)のセルジ サンペール選手。ご自身が18歳で1型糖尿病を発症したことを公表されたのをきっかけに、当法人の活動にご賛同いただき、オークション出品にご協力いただきました。
当法人と同じく今年25周年を迎えられた、ヴィッセル神戸の特別ユニフォームと、サンペール選手が試合で履いているのと同じモデルのスパイク、それぞれに直筆サインを入れてご出品いただいています。

この度、ご本人からチャリティーオークションへのメッセージ動画を頂きました。
一患者として「この病と闘うすべての人を勇気付けたい」という想いが込められたメッセージです。ぜひご覧ください。
▼セルジ サンペール選手からの応援メッセージ
https://youtu.be/VXtOwd1FW44
<提供:ヴィッセル神戸>
▼村上龍さん(作家)、岩田稔投手(プロ野球・阪神タイガース)からのメッセージはこちらから
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000038819.html
■■売上はすべて「1型糖尿病研究基金」に■■
チャリティーオークションの売上は、当法人の「1型糖尿病研究基金」に充て、1型糖尿病根絶に向けた研究支援に活用させていただきます。
2005年に1型糖尿病研究基金を設立して以降、これまでに85件、4億2,750万円 の研究費助成を行っています。当基金は、「不治の病を治る病にする」、「不可能を可能にする」挑戦に賛同いただいた方々からの当法人への直接の寄付や佐賀県庁への日本IDDMネットワーク指定ふるさと納税など、日本全国の方々からのご支援で成り立っています。
▼「1型糖尿病研究基金」についてはこちら
https://japan-iddm.net/support/fund/research/
▼「認定NPO法人 日本IDDMネットワーク」とは▼


1995年に起きた阪神・淡路大震災では、被災地の患者は生命維持に欠かせないインスリンの入手等に大変な苦労を強いられました。この震災を契機に、1型糖尿病の患者・家族が助け合うために同年9月に発足。2020年で創立25周年を迎えました。
1型糖尿病をはじめ、インスリン療法が必要とされる患者とその家族一人ひとりが希望を持って生きられる社会の実現を目指して活動しています。
(※画像は、4歳で1型糖尿病を発症したるかくん(10歳)が書いてくれた、 日本IDDMネットワーク創立25周年のイラストです)

▼1型糖尿病とは▼


1型糖尿病は、原因不明で小児期に発症することが多い不治の病です。日本での年間発症率は10万人あたり1.5~2.5人と言われています。
現代医学では、膵臓移植や膵島移植を受けるか、生涯にわたって毎日4、5回の注射又はポンプによるインスリン補充を続ける以外に治療法はありません。

▼2025年までに1型糖尿病を「治る」病気にするために▼
これまで1型糖尿病は、治ることのない “不治の病” と言われてきました。
私たちは、2025年までに「1型糖尿病」を “治る”病気にするという目標を掲げ、その根治に向けた治療法の研究助成を進めています。
毎日、一生、注射を打ち続けなければならない子どもたちがいるという現実。
子どもたちが抱える苦しみや悲しみを、一日でも早く希望に変えてあげたい。
「1型糖尿病」の根治が実現できれば、命を脅かす低血糖症や合併症の恐怖から解放されます。発症以来毎日欠かさずおこなってきたインスリン注射や食事制限からも自由になります。患者や家族にとっても、これ以上嬉しいことはありません。

▼世界糖尿病デー(11月14日)とは▼
2019年現在、世界の糖尿病人口は4億6,300万人に上り、世界的な対策が求められています。このような状況に対し、2006年に国連総会議で「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択され、同時に11月14日が「世界糖尿病デー」と定められました。毎年この日は世界各地で糖尿病の予防・治療・療養を喚起する啓発運動が開催されています。
糖尿病には、その大多数を占め、主に遺伝や生活習慣などによる「2型糖尿病」のほか、主に自己免疫によってインスリンが分泌されなくなってしまう「1型糖尿病」があります。原因不明で突然発症する1型糖尿病は、今現在治療法がなく、生涯にわたり注射等によるインスリン治療が必要です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ