アミメキリンの赤ちゃん公開

共同通信

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は9日、アミメキリンの赤ちゃんの公開を始めた。天候や体調が許せば、毎日午後1時半~3時半に見ることができる。

 雄で、10月19日に生まれた時の体長は約170センチ、体重は約50キロ。11月初めごろからキリン舎の外に出る練習をしていた。9日に姿を見せた赤ちゃんは同じ場所にじっと立っており、母親が時折、顔を近づけていた。

 この施設では昨年も別の両親から雌の赤ちゃんが生まれており、今回の出産でアミメキリンは9頭になった。飼育スタッフの本政沙帆さんは「今年の子は好奇心が旺盛。幸せに育ってほしい」と話した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ