米軍倉庫群の移設地拡張へ、沖縄

共同通信

 日米両政府が、沖縄県浦添市の米軍牧港補給地区にある倉庫群の一部を米軍嘉手納弾薬庫・知花地区(同県沖縄市)に移設する計画を巡り、移設予定地の敷地を大幅に拡張する方向で最終調整に入った。年明けの日米合同委員会で合意を目指す。移設は2013年に日米が合意した沖縄本島の米軍嘉手納基地より南にある施設・区域の返還計画の一環で、修正は初めて。防衛省幹部が9日、明らかにした。

 移設予定地での倉庫群の配置見直しに伴い、敷地を広げる必要があると判断した。那覇市に近い牧港補給地区は跡地利用への地元の期待が高い。返還計画の修正により早期返還が進む可能性がある。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ