女子バスケ代表候補ら抱負語る

共同通信

 来年の東京五輪でメダルを狙うバスケットボール女子日本代表候補選手らが9日、オンラインで取材に応じ、身長193センチのエース渡嘉敷来夢は「得点を増やして、しっかり日本の柱になれるように練習できれば」と語った。

 五輪が延期される中、長年代表を支えた大崎佑圭が引退し、元主将の吉田亜沙美の去就は未定。先行きは不透明だが、最年長31歳の高田真希は「五輪が開催されるのか不安にも思ったけれど、今できることをやらないといけない。目標を見失ってはいけない」と前を向いた。

 現在は5日から東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで候補選手による強化合宿中だ。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ