女川再稼働、賛否判断一任

共同通信

 宮城県の村井嘉浩知事は9日、仙台市で県内市町村長会議を開き、東北電力女川原発2号機(同県女川町、石巻市)の再稼働について意見を聴いた。賛否双方の意見が出たが、村井氏は再稼働を同意するか否かの判断に関し「(地元2市町長との)3者で合意した結論を市町村長の総意としたい」と一任を取り付けた。村井氏らは近く同意を表明する見通しだ。

 再稼働に必要な地元同意を巡り、立地2市町と県の議会が既に容認。この日の会議を受けて手続きは最終盤に入った。村井氏は今週中にも両市町長と会談し、意見がまとまれば直ちに同意を表明する。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ