国連総長ようやく祝意

共同通信

 【ニューヨーク共同】国連のドゥジャリク事務総長報道官は9日の定例会見で、米大統領選に関し「グテレス事務総長は次期大統領と次期副大統領を祝福する」との声明を発表した。トランプ大統領を刺激しないため祝福声明を遅らせたのかと勘ぐる質問も出たが、ドゥジャリク氏は「月曜日まで待つと決めていた」と述べるにとどめた。

 バイデン前副大統領が7日に勝利を確実にしたのを受け、多くの国は7~8日に祝意を示した。

 国連総会のボズクル議長も9日になってバイデン氏に祝意を表明した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ