英上院、EU離脱修正案に反対

共同通信

 【ロンドン共同】英上院は9日、発効済みの欧州連合(EU)離脱協定を英国に有利な形で修正することを狙った政府法案について、根幹となる条項の削除を賛成多数で承認し、政府方針に反対した。法案は下院を通過済みだが、EUとの国際協定を一方的に改変する内容に与党内にも反発があり、上院がジョンソン政権に圧力をかけた形。

 ただ、法案は再び下院に戻って審議される見通しで、再び政府原案が可決される可能性もある。今後は上下両院で意見が一致するまで交互に審議を重ねる。

 英EUは9日、離脱後の将来の関係を決める自由貿易協定(FTA)締結交渉の協議を再開した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ